スポット金は横ばい。割高感が軽減されたことや米国経済指標が弱含む内容だったこともあり、安全資産である金も堅調な推移となった。

 WTI先物は続落。国内でシェールオイル増産の動きへの警戒感から売られる展開となった。(イメージ写真提供:123RF)