麻生太郎金融担当大臣(写真)は11月16日、金融審議会(会長:岩原紳作氏)に対し、「情報技術の進展等の環境変化を踏まえた金融制度のあり方に関する検討」を行うよう諮問した。IT(情報技術)の進展等によって金融サービスを個別の機能に分解して提供する(アンバンドリング)、また、複数のサービスを組み合わせて提供する(リバンドリング)などの動きが拡大、さらに、デジタル通貨などの出現が金融システムを抜本的に変革させる可能性があることを踏まえ、環境の変化に対応した金融規制のあり方を検討するもの。フィンテックによって既存の金融機関以外の事業者が金融ビジネスに参入してきている現状に対応し、イノベーションの進展を阻害せずに・・・・

続きを読む