東京市場のドル/円は日経平均が軟調に推移する中で113.00円台まで下落しました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

11/15(水)
18:30☆10月英雇用統計
19:00  9月ユーロ圏貿易収支
19:00  プラートECB理事、ホールデン英MPC委員、講演
20:00  9月南アフリカ小売売上高
22:00  ブロードベントBOE副総裁、講演
22:30☆10月米消費者物価指数
22:30☆10月米小売売上高
22:30  11月米NY連銀製造業景況指数
24:00  9月米企業在庫
24:30☆米EIA週間原油在庫統計
30:00  9月対米証券投資

11/16(木)
09:30☆10月豪雇用統計
※☆は特に注目の材料

 本日は多数の注目イベントがありますが、最も注目されるのは米10月消費者物価指数です。

 市場予想は前年比+2.0%と前月(+2.2%)からの伸び鈍化が見込まれています。

 予想を下回る伸びに留まるようですと来年の利上げペース減速の思惑につながりやすく、ドルの重しとなる可能性が高そうです。

 同時刻に発表される米10月小売売上高(予想:前月比0.0%、自動車を除いた売上高は前月比+0.2%)にも注目です。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.500-113.600円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)