昨日のドル円は、113円台でもみ合った。日経平均株価の300円安を筆頭にアジアから欧州市場にかけて株価が下落する中、一時113.20円台まで弱含んだ。しかし、米国株が小幅ながらも上昇すると113円台後半に持ち直すなど、株価を睨んで方向感を欠く展開となった。
 こうした中、ドル/円は本日も主要国の株価を睨んだ動きとなりそうだ。不安定な値動きが続いている日経平均株価は特に動向が注目されよう。その他、本日は欧州中銀(ECB)が主催するシンポジウムにも注目だ。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長、ドラギECB総裁、カーニー英中銀(BOE)総裁、黒田日銀総裁が揃って討論会に参加する。
本日の予想レンジ:113.100-114.200円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)