スポット金は3営業日ぶりの反落。前日の清算値が約3週間ぶりの高値水準を付けており、利益確定の売りやポジション調整などで売りが出やすい局面となった。

 WTI先物は反落。米国内の石油掘削リグ稼働数が増加したことで国内の需給不均衡に対する警戒感が広がったことや、週末のポジション調整などから売りに押される形となった。(イメージ写真提供:123RF)