中国広東省の深センは1980年に経済特区に指定されて以降、目覚ましい発展を遂げている。その成長ぶりは「人類史上最速で成長する都市」といわれ、1980年当時は人口約3万人の漁村だったが、現在では人口1200万人超を擁する巨大都市に変貌している。2009年以降は深セン市政府が「戦略的な新興産業の発展計画」に基づき、様々な新興産業の誘致・育成に力を入れ、Fintech(フィンテック)による電子決済やシェアリング自・・・・

続きを読む