材料不足の中、ドル円は朝方113円40銭前後まで下落。その後は米長期金利の上昇に反応し、113円90銭まで値を戻す。ユーロドルは1.16台を回復する場面もあったが続かず、1.15台後半まで押し戻される。株式市場は小幅ながら続伸。テクノロジー株が上昇し、銀行株は安い。ダウは7ドル上昇し、小幅ながら連日の最高値更新。債券相場は小幅に反落。長期金利は小幅に上昇し、2.33%台を回復。金は反発。原油価格は続落したが・・・・

続きを読む