本日、NZ中銀(RBNZ)が政策金利を発表する。前回9月の声明で「金融政策は相当の期間、緩和的であり続ける」とした事もあって、政策金利を1.75%に据え置く事が確実視されている。その意味では大きな波乱はなさそうだ。ただ、今回も「一段のNZドル安がインフレ加速や、よりバランスの取れた成長の実現を支援するだろう」との見解を踏襲するかについてはいささか不透明であり、文言の変化の有無は注目に値しよう。
・・・・

続きを読む