スポット金は反落。ドル高が進んだことを受けて、金の割高感が意識されたことから金売りが進んだ。

 WTI先物は反落。米国内でのシェール増産への警戒が広がったことや、サウジアラビアとイランが、イエメンからサウジの首都リヤドへのミサイル発射をめぐって対立を深めていることもあり、原油売りが進んだ。(イメージ写真提供:(C)○○/123RF)