昨日のドル円は114円ちょうどを挟んで方向感なくもみ合った。日本株は大きく上昇したが、欧米株式市場は小動きにとどまり、米長期金利も横ばい圏内の動きで、全体的にエネルギー不足の相場展開であった。本日についても、米重要統計の発表は予定されておらず、株価や金利の動向を睨んで動意は限定されそうだ。

 なお、本日早朝には米上院共和党が(税制改革の目玉である)法人減税の1年先送りを検討しているとの米紙報道が伝わりドルが小緩む場面があった。税制改革法案を審議中の米議会の動きにも目配りが必要だろう。

 本日の予想レンジ:113.200-114.400円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)