東京市場のドル/円は、114円台を維持できずに一時113.70円台まで反落。

 その後は日本株の堅調推移を眺めて下げ渋りましたが114円台は回復できていません。

 欧州市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

11/2(木)
17:15    スイス9月小売売上高
17:50    仏10月製造業PMI改定値
17:55☆  独10月雇用統計
17:55    独10月製造業PMI改定値
18:00    ユーロ圏10月製造業PMI改定値
18:30    英10月建設業PMI
20:30    米10月チャレンジャー人員削減数
21:00☆  BOE政策金利発表
21:00☆  BOE議事録
21:00☆  BOE四半期インフレリポート
21:30☆  カーニーBOE総裁、記者会見
21:30☆  パウエル米FRB理事、講演
21:30☆  米新規失業保険申請件数
21:30    米7-9月期非農業部門労働生産性・速報値
22:00☆ 米共和党、税制改革法案を公表
25:20☆  ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
28:00☆ ホワイトハウス、次期FRB議長を指名
29:30☆  アップル7-9月期決算

11/3(金)
09:30☆ 豪9月小売売上高

※☆は特に注目の材料

 米国では、税制改革法案の公表や次期FRB議長の指名など政治絡みの重要イベントが予定されています。

 次期FRB議長候補の最右翼であるパウエルFRB理事の講演も気になるところです。

 これらの材料を消化して、ドル/円が節目の114.50円を越えられるか要注目です。

 その他、市場は「BOEスーパーサーズデー」にも関心を寄せています。

 10年ぶりの利上げが濃厚と見られていますが、今回の利上げは9割がた織り込み済みです。

 今後のスタンスを探るためにも、BOE四半期インフレレポートやカーニーBOE総裁の会見が重要です。


(欧米時間のドル/円予想レンジ:113.300-114.800円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)