■第2四半期は当初予想を上回る2ケタ増収大幅増益

 菓子大手の寿スピリッツ <2222> の第2四半期は、当初予想を上回る2ケタ増収大幅増益となったことから、第2四半期決算発表と同時に今通期連結業績予想の上方修正も発表した。
 
 18年3月期第2四半期連結業績は、売上高172億19百万円(前年同期比16.3%増)、営業利益18億49百万円(同27.3%増)、経常利益18億69百万円(同27.1%増)、純利益14億50百万円(同68.1%増)と当初予想を上回った。
 
 第2四半期業績が好調であったことから、通期連結業績予想の上方修正となった。
 
 通期連結業績予想の売上高は、前回予想を7億40百万円上回る367億40百万円(前期比12.92%増)、営業利益は2億20百万円上回る46億70百万円(同21.39%増)、経常利益は2億円上回る47億円(同20.57%増)、純利益は1億50百万円上回る33億円(同28.30%増)となる見込み。
 
 ここ数年訪日客が急増していることに加え、東京オリンピックの開催もあることから、駅、空港、高速のサービスエリア、観光地などの売店、旅館・ホテル、土産物店での同社のお菓子の売上は今後も伸びるものと予想される。
 
 好業績であることから、同社の株価は、日々最高値を更新する勢いで、1日も年初来最高値を更新し、4790円を付けている。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)