西部電機 <6144> が急反騰。午前9時16分に前日比76円(7.4%)高の1097円まで買われ、10月26日の年初来高値1115円に接近している。
 
 10月31日引け後に18年3月期上期および通期の連結業績予想を修正。上期は売上高を従来の76億円から92.8億円(前年同期比6.7%減)に、営業利益を1.7億万円から5.8億円(同36.9%増)にそれぞれ増額。通期は売上高を180億円から208億円(前期比13.1%減)に、営業利益を10.6億円から16億円(同4.8%増)に引き上げている。円安の影響等による輸出の増加が主な要因。(イメージ写真提供:123RF)