東京市場のドル/円は、一時113円台を割り込む場面もありましたが、日銀がインフレ見通しを下方修正した事などから下げ渋る展開でした。

 欧州市場の動きが気になるところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

10/31(火)
16:45    仏10月消費者物価指数速報値
18:15    ビスコ・イタリア中銀総裁、講演
19:00    ユーロ圏9月失業率
19:00☆  ユーロ圏7-9月期GDP・速報値
19:00☆  ユーロ圏10月消費者物価指数・速報値
21:00    南ア9月貿易収支
21:30    カナダ8月GDP
21:30    カナダ9月鉱工業製品価格
21:30    カナダ9月原料価格指数
21:30    米7-9月期雇用コスト指数
22:00    米8月ケース・シラー住宅価格指数
22:45☆  米10月シカゴ購買部協会景気指数
23:00☆  米10月消費者信頼感指数
28:30    ポロズ・カナダ中銀総裁、議会証言
※☆は特に注目の材料

 本日は月末最終日とあって、「フロー」に左右されやすい地合いとなりそうです。

 米10月シカゴ購買部協会景気指数や米10月消費者信頼感指数などの経済指標も気になるところではありますが、日本時間24時のロンドン・フィキシングの前後は大口「フロー」による急な値動きに警戒が必要です。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.600-113.700円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)