ドル円は終始上値が重く、税制改革を巡る報道からドル売りが進み、113円02銭をつける。長期金利の低下や株安も加わりドルの上昇は一服。ユーロドルは独消費者物価指数を受けて売られる場面もあったが、1.16台で推移。ドル安が進んだこともあり、1.1658までユーロ高が進む。株式市場は3指数とも揃って反落。法人税を巡る報道から小型株を中心に下げる。ダウは85ドル下げ、ラッセル2000は8月以来の大幅安。債券相場は続・・・・

続きを読む