ホーチミン証券取引所(HSX)に上場するアンフー食品照射[APC](An Phu Irradiation)の株価が好調だ。2017年初めにわずか1万8000VND(約91円)だった株価は、26日の終値が5万8000VND(約293円)と10か月で3.2倍になった。

  APCの1-9月期は、売上高が前年同期比+45%増の1080億VND(約5億5000万円)、税引後利益が同+63%増の470億VND(約2億3700万円)と大幅な増収増益で、過去最高益を達成した16年の通年業績をも既に上回った。

 

  売上総利益の向上が業績を後押ししている。2017年1-9月期の売上総利益率は70%で前年の56%からさらに改善した。売上総利益が比較的高い上場企業ビコストーン[VCS](Vicostone)やCMC建設[CVT](CMC)、フーニュアン・ジュエリー[PNJ](Phu Nhuan Jewelry)と比べてもAPCの売上総利益率には目を見張るものがある。

 

  この業績を支えているのは、増加する果物・水産物輸出に伴う食品照射需要の高まりと、食品照射が少数企業による寡占市場となっているためだ。南部地方で活動する主な食品照射企業はAPC、タイソン照射(Thai Son Irradiation)、ソンソン照射(Son Son Irradiation)の3社。中でもAPCは水産物照射で60%、果物照射で70%と支配的な市場シェアを握っている。(情報提供:VERAC)