先月の欧州中銀(ECB)理事会でドラギ総裁が「政策変更について『おそらく10月に決定する』」と発言した事により、本日の理事会で緩和縮小の具体策が発表されるとの期待が高まっている。

 今回は(1)資産買い入れの規模・期間、(2)買い入れ期間終了後の方針について、の2点がポイントである。まず(1)について、市場予想はばらつきが大きいものの、毎月の資産買い入れ額を200~400億に減額(現在6・・・・

続きを読む