スペイン北東部カタルーニャ自治州の政府指導者らが独立への動きを止めなかった事を受けて、スペイン中央政府は同州の自治権の一部停止を発表した。独立派の反発は必至と見られ、ラホイ政権との対立が深まる公算が大きい。そのほか、欧州中銀(ECB)は今週26日に来年初からの量的緩和縮小計画を発表する予定だが、資産買入れ額を減額する一方で買入れ期間を延長する見込みだと報じられており、「量的緩和の終了と利上げの開始は当分先に・・・・

続きを読む