スウェーデンのアパレルメーカー、エイチ・アンド・エム・ヘネス・アンド・マウリッツ(H & M Hennes & Mauritz AB)は11月11日、ハノイ市タインスアン区の商業施設「ビンコム・メガモール・ロイヤルシティ」(72A Nguyen Trai St., Thanh Xuan Dist., Ha Noi)内に、ファッションブランド「H&M」のベトナム2号店をオープンする。

  これに先立ち、同社は9月9日、ホーチミン市1区の商業施設「ビンコムセンター・ドンコイ」(72 Le Thanh Ton St., Dist.1, Ho Chi Minh)内にH&Mのベトナム1号店をオープンした。1号店では、オープン前日の夜から若者を中心に数千人の客がビンコムセンター前の庭に列を成した。初日の21時までに1万人余りもの客が殺到したという。

  同社は現在、世界68か国・地域に4300店舗以上を出店しており、従業員数は16万1000人に上る。同社にとって、ベトナムは世界68番目、かつ2017年に店舗をオープンした5番目の市場となっている。

  なお、スペインのアパレル大手インディテックス(Inditex)も11月9日、ファッションブランド「ザラ(ZARA)」のベトナム2号店をハノイ市ハイバーチュン区の商業施設「ビンコムセンター・バーチエウ」(191 Ba Trieu St., Hai Ba Trung Dist., Ha Noi)内にオープンする。(情報提供:VERAC)