シンクロ・フード <3963> は、前週末13日に116円高の1986円と大幅続伸して引け、取引時間中には2015円高値まで買われ、株式分割(基準日・今年3月31日、1株を3株に分割)の権利落ち後の今年7月14日につけた権利落ち後高値2133円を視野に捉えた。今年8月9日に発表した今2018年3月期第1四半期(2017年4月~6月期、1Q)業績が、2ケタの増収増益で着地し、3月通期業績予想に対して順調な利益進捗率を示したことを見直し、今年11月8日発表予定の今期第2四半期(2017年4月~9月期、2Q)累計決算への期待を高め買い増勢となった。今年9月29日に東証第1部に市場変更された好需給要因も、フォローの材料視されている。
 
■「飲食店.COM」の登録ユーザー数、関連事業者数が前年同期比2ケタ増と好調
 
 同社株は、昨年9月29日に東証マザーズ市場に新規株式公開(IPO)され、この5カ月後の今年2月7日に株式分割を発表するとともに、今年9月22日に東証第1部への市場変更が承認され、IPOからちょうど1年後の今年9月29日に市場変更された。この株式分割権利落ち後には、東証第1部への市場変更の形式要件を充足させるために今年4月、9月と2度にわたって株式の立会外分売(分売価格1177円、1541円)を実施し株価は好感高しており、実際に今年9月の市場変更承認時には、材料出尽くし感もあって株価はやや下ぶれた。ただ今後、東証株価指数(TOPIX)に組み入れが始まることから、TOPIX連動型のファンドなどの買い需要が発生し、株価を押し上げる展開が想定されている。
 
 一方、同社の今3月期1Q業績は、前年同期比29.9%増収、27.9%営業増益、29.3%経常増益、26.7%純益増益と2ケタの伸びを示し、今3月期通期予想業績に対する利益進捗率は、29%~30%と目安の25%を上回って好調に推移した。外食産業の飲食店の店舗物件探しや求人広告などの出店・開業支援、食材仕入、厨房備品購入の店舗運営を一気通貫でサポートする情報サイト「飲食店.COM」で、積極的なインターネット広告などの認知度向上や東海エリアへのサービス展開により、今年6月末現在で登録ユーザー数が、前年同期比16.5%増の11万6000件、有料ユーザー数も、同15.2%増の3万2000件、また「飲食店.COM」に対してサービスを提供する不動産事業者や内装事業者、食材仕入事業者などの関連事業者も、同21.9%増の3552社と好調に推移したことなどが要因となった。
 
 今3月期通期業績は、期初予想を据え置き売り上げ12億7000万円(前期比20.8%増)、営業利益4億8300万円(同7.3%増)、経常利益4億5900万円(同8.4%増)、純利益2億8900万円(同9.3%増)と見込み連続して過去最高を更新するが、今年11月8日に予定している今期第2四半期(2017年4月~9月期)決算の発表時に1Q業績の高進捗率から業績上ぶれも期待されている。
 
■TOPIX組み入れ開始の好需給期待を高めてまず分割権利落ち後高値にキャッチアップ
 
 株価は、株式分割の権利を4200円で落とし、落ち後安値1030円から株式立会外分売や今期業績の続伸予想を評価して分割落ち後高値2133円まで2.0倍化し、今期1Q業績が好調に推移したものの今期通期業績を期初予想の据え置きとしたことが響いて1510円まで再調整した。同安値から2回目の立会外分売や東証1部承認で1951円高値へ約3割高し、25日移動平均線で下値を確認して切り返し足元では2000円台にタッチしてきた。TOPIX組み入れが開始される好需給期待を高め、まず分割落ち後高値へのキャッチアップを加速させ分割権利落ち埋めを目指そう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)