スタジオアタオ <3550> (東マ)は、昨年11月29日に東京証券取引所マザーズ市場に上場。同社グループは、『ファッションにエンタテイメントを』を理念として、オリジナルバッグ・財布等の提供を通じて『お客様に非日常のワクワク感を提供すること』を目指している。同社(株式会社スタジオアタオ)及び連結子会社1社(ロベルタ・ディ、カメリーノファーイースト株式会社)の2社で構成。オリジナルバッグ等の企画・販売、直営店舗の運営、インターネット店舗の運営、キャラクター商品の企画・販売を主な事業として取り組んでいる。
 
 社長自らがデザイン、企画、ブランド構築を指揮し、神戸発の主力ブランドの「ATAO(アタオ)」をはじめ、「IANNE(イアンヌ)」「Roberta di Camerino(ロベルタ ディ カメリーノ)」「ILEMER(イルメール)」の4つのブランドを展開。5月末現在、国内において神戸、有楽町、銀座、新宿、横浜等の大都市圏の百貨店・商業施設等に入居している店舗9店(アタオ5店、イアンヌ4店)を展開するとともに、全国各地の百貨店等において随時イベントを開催し、同社商品を販売しているほか、海外においてパリにイアンヌのギャラリー1か所を展開。
 
 10月11日大引け後に発表した今18年2月期第2四半期業績実績は、売上高18億2300万円(前年同期比23.3%増)、営業利益3億9600万円(同20.5%増)、経常利益3億9700万円(同21.5%増)、純利益2億7400万円(同28.9%増)に着地。営業利益は年計画に対する進捗率が79.2%と順調に推移している。
 
 今18年2月期業績予想は、売上高33億3000万円(前期比16.0%増)、営業利益5億円(同8.3%増)、経常利益5億円(同12.5%増)、純利益3億4000万円(同12.1%増)の連続最高益更新を見込む。
 
 株価は、7月21日につけた分割前の高値2913.3円から9月14日の分割後の安値1773円まで調整を挟んで10月3日に分割後の高値2328円と上昇。今2月期第1四半期営業利益は年計画に対する進捗率が51.6%と順調に推移し事前の期待が高かったため、第2四半期決算の発表を受け、やや失望感が広がり同12日安値1840円と売り直されている。11月3日に松坂屋名古屋店(南館地下2階)に名古屋エリア初の店舗となる「ATAO 名古屋店」をオープンと、今後の店舗展開は期待される。通期営業利益予想の上振れは十分視野に入るだけに、ここから1800円どころで下値を固めてくるか注目したい。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)