林鄭月娥・行政長官は10月11日、就任後初めてとなる2017年度施政報告(施政方針演説)を立法会で発表した。「互いにつながり、希望と幸せを求める」と題し、経済発展、イノベーション・科学技術、クリエーティブ産業、土地・住宅、医療・衛生、高齢者・弱者支援・民生改善、労働者の権利、教育、青少年育成などに関する政策を柱としている。行政長官選挙時に林鄭長官が掲げた政権公約(マニフェスト)を基本とし、中流層向けの住宅供・・・・

続きを読む