ニーズウェル <3992> (JQS)は、9月20日に東京証券取引所JASDAQに上場した。同社は、独立系の情報サービス企業として技術革新の激しい情報サービス産業において技術向上に取り組み、各業務分野で蓄積したノウハウを活かしてお客様満足を実現し、「広く経済社会に貢献し続ける」を経営理念として、情報サービス事業を運営している。エンドユーザーから直接受託したシステムの構築や、システムインテグレーターやメーカーを経由して受託した企業向け社内システム構築などの開発案件に参画し、基本的に顧客企業先に常駐して顧客システムの開発・保守を行っている。
 
 事業のサービスラインは、「業務系システム開発」「基盤構築」「組込系開発」の3つのサービスで、業務系システム開発では、金融・通信・サービス等の幅広い分野においてアプリケーション開発やソリューションサービス、ITアウトソーシングサービスの提供を行っている。基盤構築では、ITシステムの基盤となるサーバ等ハードウェアの環境設計、構築、導入を行っている。組込系開発では、映像機器、医療機器、車載機器等に組み込まれるアプリケーションの開発を行っている。
 
 前2017年9月期第3四半期業績実績は、38億0100万円、営業利益3億8700万円、経常利益3億8200万円、純利益2億4800万円に着地。
 
 前17年9月期業績予想は、売上高50億5000万円(前期比10.1%増)、営業利益4億4500万円(同8.8%増)、経常利益4億2400万円(同4.6%増)、純利益2億7600万円(同7.6%増)を見込む。年間配当は、期末一括50円を予定している。
 
 株価は、9月20日に公開価格1670円の2.3倍の3850円で初値をつけた後、同21日高値4015円と上昇。9月27日安値2971円まで短期調整を挟んで10月3日高値3585円と買い直されてからモミ合っている。10月3日に情報セキュリティソリューション「NW Security Police」を10月31日から販売開始すると発表。国内最大の収容端末数を誇る情報セキュリティソリューションで、初年度2000万円、3年累計3億円の販売を予定しており、業績に貢献するか注目される。9月決算期越えに伴う処分売りが一巡し、3200円どころが下値として意識された感がある。日柄調整が進めば、上値を試すことも期待されそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)