スポット金は続伸。XAUUSDの終値は1287.80ドル。終値では9月26日以来の高値となった。ドル安や、スペインや北朝鮮の地政学的な緊張が金相場を支えた。ただ米追加利上げ観測が金の上げ幅を抑えた。

 ニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が続伸。CL_の終値は50.95ドル。2週間ぶりの大幅高となった。産油国が減産措置を延長、あるいは減産幅を拡大するとの観測が広がった。ドル安が進みドル建てで取引される原油などの商品に割安感が生じことも、相場の押し上げにつながったもようだ。(イメージ写真提供:123RF)