スポット金相場は続伸。XAUUSDの終値は1283.80ドル。約1週間ぶりの高値となった。米国とトルコ間の緊張激化を背景に、逃避の買いが強まった。

 ニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が反発。CL_の終値は49.54ドル。1バレル当たり50ドルに接近した。石油輸出国機構のバルキンド事務局長が来年に入っても当面は減産を続ける可能性を示唆した。(イメージ写真提供:123RF)