ドル/円相場は、先月27日以降112.20-30円台に下落すると反発する一方、113.10-20円台に上昇すると反落する展開が続いている。本日の米9月雇用統計で、この「煮詰まり感」を打破できるか注目される。

 米9月雇用統計の主な項目の市場予想は、非農業部門雇用者数8.0万人増、失業率4.4%、平均時給は前月比+0.3%、前年比+2.5%となっている。非農業部門雇用者数の予想が控えめなの・・・・

続きを読む