東京市場のドル/円は、日本株買い・円売りの大口フローが入ったとの観測などから113.10円台へと上昇しましたが、先月27日に付けた直近高値(113.253円)の更新はなりませんでした。

 欧米市場の動きが気になりますが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

10/3(火)
17:30   英9月建設業PMI
18:00   ユーロ圏8月生産者物価指数
未定  NZフォンテラ社乳製品電子入札
※☆は特に注目の材料

 今夜のドル/円相場は、その値動きを米経済指標に頼る事はできません。

 欧米市場で株高・債券安(長期金利上昇)の流れが続くかどうかが、高値更新に向けたカギとなるでしょう。


(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.400-113.600円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)