第一工業製薬 <4461> が大幅高で5日続伸。午前10時47分に前日比61円(9.1%)高の734円まで買われ、13日に付けた年初来高値727円を更新している。
  
 28日引け後に、18年3月期上期の連結業績予想を上方修正。売上高を従来の272億円から278億円(前年同期比7.9%増)に、営業利益を14億円から21億円(同29.9%増)にそれぞれ引き上げている。「ウレタン材料」の土木用薬剤、「機能材料」の難燃剤などが好調に推移したほか、製品ミックスの改善、基礎原料ナフサ価格が低水準で推移したことなどが要因。(イメージ写真提供:123RF)