東京市場のドル/円は111円台半ばに弱含むなど、北朝鮮を巡るリスクが意識されて小幅安の展開となりました。

 欧米市場の動きに期待したいところですが、まずは注目材料を確認しておきましょう。

9/26(火)
18:00 リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
21:00 プラートECB理事、講演
22:00 米7月S&P/ケースシラー住宅価格指数
22:30 メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
23:00☆米8月新築住宅販売件数
23:00☆米9月消費者信頼感指数
23:00 米9月リッチモンド連銀製造業景気指数
23:30 ブレイナード米FRB理事、講演
24:30 ボスティック米アトランタ連銀総裁、講演
25:45☆イエレン米FRB議長、講演
26:00☆米2年債入札(260億ドル)
※☆は特に注目の材料

 北朝鮮絡みの続報も気になるところですが、今夜はイエレン米FRB議長の発言が予定されています。

 先日の連邦公開市場委員会(FOMC)後に会見を行ったばかりではありますが、「インフレ、不確実性、そして金融政策」についての講演という事で、市場の関心を集めそうです。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.000-112.400円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)