東京市場のドル/円は、ゴトー(5・10)日の仲値公示に向けたドル買いのほか、安倍首相の「2兆円規模の経済対策の年内策定を指示」との発言もあり、112.50円台まで値を上げましたが、その後は112.10円台まで下押す場面も見られました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。


9/25(月)
17:00☆9月独Ifo景況感指数
18:00☆安倍首相、会見
未 定  メルシュECB理事、講演
21:30☆ダドリー米NY連銀総裁、講演
22:00☆ドラギECB総裁、講演
25:40  エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料


 この後、安倍首相が会見を行う予定となっており、衆議院を解散する意向を示すとされています。

 また、米国では今週ライアン米下院議長が税制改革の概要を発表するとされています。

 日米の政局や政策が材料視されるか、海外勢の反応に注目です。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.600-112.800円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)