JSP <7942> は発泡プラスチック製品の大手である。18年3月期営業微減益予想だが、自動車用「ピーブロック」など高付加価値製品の拡販が進展して上振れ余地がありそうだ。株価は高値圏でモミ合う形だが、日柄調整完了して上放れの展開が期待される。
 
■発泡プラスチック製品大手、高機能・高付加価値製品を開発・拡販
 
 発泡プラスチック製品の大手である。押出発泡技術をベースとするポリスチレン・ポリエチレン・ポリプロピレンシートなどの押出事業(産業用包装材、食品用包装材、広告用ディスプレー材、住宅用断熱材など)、ビーズ発泡技術をベースとする発泡ポリプロピレン・発泡ポリエチレン・発泡性ポリスチレン製品などのビーズ事業(自動車衝撃緩衝材、家電製品緩衝材、IT製品輸送用通い函など)、その他事業(一般包材など)を展開している。
 
 17年3月期のセグメント別売上高構成比は押出事業35%、ビーズ事業60%、その他5%だった。収益は販売数量、為替、原油価格、原料価格と販売価格の差であるスプレッド、プロダクトミックスなどが影響する特性がある。
 
■高機能・高付加価値製品の拡販推進、自動車用「ピーブロック」が拡大
 
 自動車部品用発泡ポリプロピレン「ピーブロック(英名ARPRO)」や、住宅用高性能断熱材「ミラフォーム」など高機能・高付加価値製品の拡販を推進し、生産能力の増強も進めている。
 
 自動車用「ピーブロック」は自動車軽量化要求に対応する製品として需要が急速に拡大している。特に日系自動車メーカーのリアシートコア材への採用が広がり、搭載車種生産台数は16年度の約130万台から20年度には約520万台に拡大する見込みだ。
 
■18年3月期微減益予想だが、高付加価値製品拡販で上振れ余地
 
 今期(18年3月期)連結業績予想(4月28日公表)は、売上高が前期(17年3月期)比6.8%増の1165億円、営業利益が1.2%減の95億円、経常利益が3.3%減の97億円、純利益が8.2%減の67億円としている。
 
 第1四半期(4~6月)連結業績は、売上高が前年同期比2.8増収、営業利益が2.1%減益、経常利益が3.3%増益、純利益が0.4%増益だった。販売数量増加、原材料価格上昇に伴う製品価格改定で増収だったが、原燃料価格の上昇や海外事業の外貨円換算額減少の影響で営業微減益だった。経常利益と純利益は営業外での為替差損の減少で微増益だった。
 
 通期も販売数量増加や製品価格改定の効果で増収だが、国内外における原料価格の上昇などで減益予想としている。ただし欧米・中国で自動車関連「ピーブロック」の採用が拡大し、台湾で液晶TV基板輸送緩衝材の需要が回復する。自動車部品用「ピーブロック」など高付加価値製品の拡販に加えて円安もプラス要因となり、通期会社予想に上振れ余地がありそうだ。
 
 新中期経営計画「Deepen&Grow2017」では、目標数値に18年3月期売上高1350億円(海外が約530億円)、営業利益88億円(売上高営業利益率6.5%以上)を掲げている。今期(18年3月期)連結業績予想は、原油価格下落の影響などで売上高が計画未達となるが、高付加価値製品へのポートフォリオ改善や原油価格安定によるスプレッド回復などで各利益は計画を超過達成する見込みだ。中期的にも収益拡大基調が期待される。
 
■株価は高値圏モミ合い、日柄調整完了して上放れ期待
 
 株価は高値圏3200円~3400円近辺でモミ合う形だが、日柄調整完了感を強めている。
 
 9月20日の終値3335円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS224円75銭で算出)は14~15倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間50円で算出)は1.5%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS2433円10銭で算出)は1.4倍近辺である。時価総額は約1048億円である。
 
 週足チャートで見ると13週移動平均線が接近している。日柄調整完了して上放れの展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)