エスプール <2471> (JQ)はロジスティクスアウトソーシング、障がい者雇用支援・就労移行支援サービス、コールセンター業務などの人材サービス事業を展開している。需要が高水準で17年11月期2桁営業増益・大幅増配予想である。株価は調整一巡して戻り歩調だ。
 
■ロジスティクス、障がい者雇用支援、コールセンターなど人材サービス事業
 
 ビジネスソリューション事業(ロジスティクスアウトソーシング、障がい者雇用支援・就労移行支援サービス、フィールドマーケティングサービス、マーチャンダイジングサービス、販売促進支援業務、顧問派遣サービス)、および人材ソリューション事業(コールセンター向け派遣、携帯電話販売員派遣、ストアスタッフ派遣)を展開している。
 
 ロジスティクスアウトソーシングの低採算案件縮小、障がい者雇用支援サービスの拡大、電力スマートメーター設置業務の黒字化、人材ソリューション事業におけるコールセンター業務の好調などで採算上昇基調である。配当の基本方針は連結ベースでの株主資本配当率(DOE)5%を目安としている。
 
■17年11月期2桁営業増益・大幅増配予想
 
 今期(17年11月期)連結業績予想(1月13日公表)は、売上高が前期(16年11月期)比17.2%増の108億24百万円、営業利益が14.8%増の5億83百万円、経常利益が15.0%増の5億71百万円、純利益が18.0%減の3億34百万円としている。配当予想は8円増配の年間18円(期末一括)で予想配当性向は16.2%となる。
 
 ビジネスソリューション事業、人材ソリューション事業とも2桁成長を持続して2桁増収増益予想である。売上総利益率は0.4ポイント低下の28.7%、販管費比率は0.3ポイント低下の23.3%の計画である。
 
 第2四半期累計(12~5月)は売上高が前年同期比24.0%増収、営業利益が6.0%増益、経常利益が10.3%増益、純利益が13.5%減益だった。そして通期予想に対する進捗率は売上高が49.2%、営業利益が44.9%、経常利益が46.4%、純利益51.8%だった。やや低水準の形だが、通期ベースで好業績が期待される。
 
 中期経営計画の目標値は、営業利益率5%の早期達成と20年度までに業界最高水準10%の達成、安定的かつ継続的な配当の実施、ROE最低5%堅持としている。人材確保が課題だが、アウトソーシング需要は高水準であり、高付加価値サービスが牽引して中期的にも収益拡大基調が期待される。
 
■株価は調整一巡して戻り歩調
 
 株価は06年来となる7月高値3450円から反落したが、直近安値圏2700円台から切り返しの動きを強めている。9月19日には2938円まで上伸した。調整一巡して戻り歩調だ。
 
 9月19日の終値2914円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS111円35銭で算出)は26~27倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間18円で算出)は0.6%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS344円52銭で算出)は8.5倍近辺である。時価総額は約92億円である。
 
 週足チャートで見ると26週移動平均線近辺から切り返してサポートラインを確認した形だ。調整一巡して戻りを試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)