BEENOS <3328> は、前日19日に43円高の1209円と3営業日続伸して引け、今年9月5日に突っ込んだ年初来安値1040円からの底上げを鮮明化した。北朝鮮の弾道ミサイル発射、核実験などの地政学リスクを警戒する株価下落が波及して同社株も年初来安値まで売られたが、今年8月29日に開示した営業投資有価証券売却益の計上を見直して業績期待を高め、下げ過ぎ訂正買いが増勢となった。さらに今年9月7日に発表したインバウンド客(外国人観光客)向けの事業を展開しているWAmazing(東京都港区)への出資も、きょう20日に日本政府観光局が、今年8月分の訪日外国客数を発表予定にあることに関連して、注力中のインバウンド・民泊関連事業の成長性を加速させると追撃材料視されている。
 
■Eコマース事業の売り上げは過去最高を更新しブランド品買取サイトの利用者は200万人突破
 
 営業投資有価証券の売却益は、インキュベーション事業の一環として出資していた海外未上場の1銘柄を譲渡したことにより計上するもので、約9億2100万円となる。同社が、今年8月3日に発表した今2017年9月期第3四半期(2016年10月~2017年6月期、3Q)業績は、売り上げが151億4600万円(前年同期比4.7%増)と続伸したものの、インキュベーション事業の営業投資有価証券の売却益の計上がなかったことから営業利益は5億100万円(同55.9%減)、経常利益5億5700万円(同52.1%減)、純利益1億9500万円(同76.4%減)と減益転換して着地した。今回の9億2100万円の売却益計上で業績上ぶれ期待も高まってくる。
 
 とういのも、3Qの業績実態そのものは順調な推移を示したからだ。Eコマース事業では、FROM Japan(輸出事業)の流通総額が、5四半期ぶりに前年同期比プラスとなり、売上高が、過去最高を更新するなど大きく伸びて同事業の営業利益が同69.5%増と好調に推移し、バリューサイクル部門では、買取面で4月から人気女性タレントを起用した新テレビCMによりブランド品宅配買取サイト「ブランディア」の認知度向上を図り5月の延べ利用者数が200万人を突破した。今2017年9月期業績は、期初予想を据え置き売り上げ200億円(前期比4.0%増)、営業利益14億円(同16.6%増)、経常利益14億円(同15.6%増)、純利益7億5000万円(同20.3%減)と見込んでいるが、今後の業績推移が注目されることになる。
 
 一方、同社が出資したWAmazing社は、インバウンド客向けに無料SIMを配布して観光案内アプリを運営し、国内で約1万軒の宿泊施設を予約できる機能も追加した。BEENOSは、このインバウンド関連では、国内No.1の実績の民泊運営管理ツール「民泊ダッシュボード」を展開するメトロエンジン(東京都港区)や、インバウンド向けの商品説明の多言語表示アプリを展開するPayke(沖縄県那覇市)などのスタートアップ企業に出資し、海外ユーザーを100万人以上保有する連結子会社のtensoとの相互連携も検討しており、インバウンド関連事業が、主力の越境EC事業に加えて新たな成長分野に浮上することになる。
 
■年初来調整幅の半値戻し水準からPER18倍の割り負け訂正で全値戻しを目指す
 
 株価は、メトロエンジンへの出資などを手掛かりに年初来高値1684円へ上値を伸ばし、今期四半期業績の伸び悩みを1300円台で織り込み、営業投資有価証券売却益の計上発表で1525円までリバウンドしたが、北朝鮮関連の地政学リスクへの警戒感の高まりで年初来安値1040円に突っ込んだ。足元では、同安値から150円幅の底上げをし、年初来高値から同安値までの調整幅の半値戻し目前となっているが、PERはなお18倍台と越境EC関連の同業他社に比べて割り負けている。相場格言の「半値戻しは全値戻し」通りに年初来高値を目指し騰勢加速となろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)