オハラ <5218> が急反騰。午前9時25分に前日比389円(23.5%)高の2045円まで買われ、13日の年初来高値1785円を更新している。
 
 14日引け後に発表した17年10月期第3四半期累計(16年11月-17年7月)の連結業績は、売上高181億円(前年同期比12.9%増)、営業利益11.4億円(同9.0倍)。デジタルカメラ向け需要が底打を打つ中、プロジェクター向けレンズ材などの伸長で「光事業」の営業利益が4.9億円(前年同期は0.6億円の赤字)に改善。「エレクトロニクス事業」も極低膨張ガラスセラミックス、高均質光学ガラス、光通信機器用ガラス素材等の好調で営業利益は6.5億万円(前年同期比3.4倍)に増大した。

 つれて会社側は、通期の予想売上高を従来の230億円から242億円(前期比13.4%増)に、営業利益を9億円から14.5億円(同10.1倍)にそれぞれ引き上げている。(イメージ写真提供:123RF)