スウェーデンのアパレルメーカー、エイチ・アンド・エム・ヘネス・アンド・マウリッツ(H & M Hennes & Mauritz AB)は9日、ホーチミン市1区の商業施設「ビンコムセンター・ドンコイ」(72 Le Thanh Ton St., Dist.1)内に、ファッションブランド「H&M」のベトナム1号店をオープンした。

  オープン初日の開店時間は11時だったが、前日8日夜から若者を中心に数千人の客がビンコムセンター前の庭に列を成した。開店後も長蛇の列は続き、同日21時までに1万人余りもの客が殺到したという。

  ベトナム1号店は総面積2200m2の2フロアから成り、同施設に入居するファッションブランド「ザラ(ZARA)」の店舗の近くに位置する。同社にとって、ベトナムは世界で68番目、東南アジアで4番目の市場となる。

  同社はこれに先立つ2016年11月、「H&M」のベトナム1号店を2017年中にオープンすることを発表した。情報筋によると、同社はホーチミン市に続いて、2017年中にハノイ市にベトナム2号店を出店する計画だという。(情報提供:VERAC)