9月8日の金相場は小幅に下落した。
利益確定の売りが入ったことを受けて、安全資産としての金の需要が減少したとみられている。
市場筋からは「ユーロ高が進んでいることも、ユーロの売り材料となった」との声もある。
現在、金相場は1337.20で推移している。(9:03)

 9月8日の原油相場は大幅に下落した。
大型ハリケーンの接近で原油需要が鈍化するとの思惑が進み、原油売りが進んだとみられている。
市場筋からは「短期的には下落トレンド」との声もある。
現在、原油相場は47.70で推移している。(9:05)(情報提供:東岳証券)(イメージ写真提供:123RF)