アクモス <6888> (JQS)は、事業持株会社の同社及び連結対象の子会社3社で構成、ITソリューション事業とITサービス事業を展開している。同社グループは、社会に必要とされる企業であり続けるため、2025年6月期までに取り組むべき事業の方向性を示した「長期ビジョン2025」を制定し、「長期ビジョン2025」の最初の3年間に実行する計画「中期経営計画Ⅰ(2016/07-2019/06)」を策定。中期経営計画におけるテーマ「変革」に基づき、産業や技術分野等特定の対象を深耕し、同社グループの技術を生かしたソリューション、サービスを提供する専門特化による事業変革を進めている。
 
 また、アクモス株式会社単体で取り組んでいた全員参加型のマネジメント体制「ウィングシステム」を、前2017年6月期からグループ各社においても取り組みを開始。小規模な部門別の採算管理を行うことにより次世代リーダーの育成とともに、問題点の早期発見と対処が行える体制を整備し、付加価値の増大を目的とする取り組みを進めており、残業抑制等により業務の効率化の成果が現れている。
 
 前2017年6月期業績実績は、売上高40億6200万円(前の期比4.2%増)、営業利益1億4600万円(同31.5%増)、経常利益1億5800万円(同30.6%増)、純利益1億4300万円(同26.5%増)に着地。ITサービス事業においてストレスチェックを中心としたEAP関連業務の売上拡大が貢献し、売上・利益ともに中期計画を上回り業績は好調。
 
 今18年6月期業績予想は、売上高42億円(前期比3.4%増)、営業利益1億5500万円(同5.8%増)、経常利益1億7000万円(同6.9%増)、純利益1億5000万円(同4.2%増)を見込む。年間配当予想は、期末一括3円(同1円増)を予定している。
 
 株価は、4月17日の年初来安値228円から6月28日に年初来高値393円と上昇。8月14日安値279円、9月5日安値265円と下げて下値を確認した感がある。EAP関連業務が好調で前期は計画を上振れしており、今期計画は保守的との印象が強い。今18年6月期第1四半期業績が好調に推移すれば、大きくリバウンドする余地はあり、押し目買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)