大和総研経済調査部主席研究員の金子実氏、研究員の永井寛之氏、そして、金融調査部の研究員の中田理惠氏は9月8日、「中国住宅セクターの短期・中長期のリスク」と題したレポート(全16ページ)を発表し、「中国の不動産バブル崩壊は、日本の経験を単純にあてはめて推測されるようには高くない」としている。(イメージ写真提供:(C)hulv850627/123RF)

続きを読む