東京市場のドル/円は、前日下落した流れを引き継いで始まると、昨年11月以来の安値となる107.60円台まで一段安となりました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

9/8(金)
17:00  リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
17:30☆ロウRBA総裁、講演
17:30☆7月英鉱工業生産
17:30  7月製造業生産
17:30☆7月英貿易収支
18:00  バイトマン独連銀総裁、講演
20:00  リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
21:30  4-6月期カナダ設備稼働率
21:30☆8月カナダ雇用統計
21:45  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
23:00  7月米卸売売上高
28:00  7月米消費者信用残高

9/9(土)
10:30  8月中国消費者物価指数 
10:30  8月中国生産者物価指数
※☆は特に注目の材料


 米国で7月卸売売上高やハーカー米フィラデルフィア連銀総裁講演などが予定されていますが、いずれも材料としてやや小粒です。

 東京市場で4月からのレンジ下限に当たる108円台を割り込んでおり、欧米市場でも下値模索の動きが先行しやすいと見ます。

 また、カナダで8月雇用統計が発表されます。

 市場予想は失業率が6.3%、就業者数は1.50万人増となっています。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:107.100-108.400円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)