紅河デルタ地方ハイフォン市で2日、日本の政府開発援助(ODA)により建設されたベトナム国内最長の海上橋の開通式典が開催された。式典にはグエン・スアン・フック首相らが出席した。
 
 海上橋は全長5.4kmで、ハイフォン市のタンブー~ラックフエン間自動車道建設案件の一部。全長15.63kmの自動車道は、投資総額11兆8000億VND(約580億円)超のうち10兆VND(約490億円)をODA資金で賄い、残り1兆8000億VND(約90億円)をベトナムから拠出している。
 
 同自動車道はハノイ~ハイフォン間高速道路や国道第5号線、国道第18号線、ハノイ~ハイフォン市鉄道、ノイバイ~ハロン高速道路、カットビー国際空港にも連結する。同案件の全てが完成するのは2018年末の予定だ。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)