9月4日の金相場は方向感がなく推移した。NY市場が休場だったこともあり、市場の流動性が減少していたとみられている。市場筋からは「今の所、材料が乏しく目立った動きはない」との声もある。現在、金相場は1332.40で推移している。(8:54)

 9月4日の原油相場は小幅に上昇した。ハリケーンの影響で受けた製油活動の停滞に回復の兆しがみえていることから、原油買いが進んだとみられている。市場筋からは「ヒューストンの製油所の再開には時間がかかるかもしれない」との声もある。現在、原油相場は47.39で推移している。(9:04)(イメージ写真提供:123RF)