スパンクリートコーポレーション <5277> が続急騰。午前9時40分に前日比80円(16.5%)ストップ高の565円で寄り付き、553円まで下押したのち565円の買い気配となっている。
 
 1日引け後に、18年3月期上期および通期業績予想の上方修正を発表。上期は売上高を従来の17億1600万円から18億2500万円(前年同期比79.1%増)に、営業利益を7100万円から1億8100万円(前年同期は収支トントン)にそれぞれ増額。通期は売上高を35億8300万円から36億9200万円(前期比47.3%増)に、営業利益を1億7000万円から2億8000万円(同2.1倍)に引き上げている。
 
 主力のスパンクリート(縦方向に複数の中空孔を有し、PC鋼線で強化されたコンクリート板)事業の採算性の向上に加え、不動産事業も堅調に推移しているという。(イメージ写真提供:123RF)