北朝鮮が相次いでミサイルを発射していることが為替市場を揺さぶっている。外為どっとコム総研の取締役調査部長兼上席研究員、神田卓也氏(写真)は「北朝鮮の動きは予測できないが、基本的なシナリオは米国の景気回復に伴う利上げを材料としてドル高・円安」としている。

続きを読む