ツナグ・ソリューションズ <6551> (東マ)は、本年6月30日に東京証券取引所マザーズに上場。同社グループは、採用市場のインフラとなるべく、グループ5社で人材の集客から、採用、定着に至るまでのあらゆるサービスをワンストップで提供している。アルバイト・パート採用における様々な悩みを解決するRPO(リクルートメント・プロセス・アウトソーシング)を中心とした「人材サービス事業」、求人サイトの企画・運営を主力とした「メディアサービス事業」、そして「リテールサービス事業」の3つの事業を展開している。
 
 人材サービス事業では、アルバイト・パート中心の採用コンサルティングならびに採用代行業務を行うアウトソーシング領域と、イベントや求人原稿制作の受託業務を行う業務代行領域、人材派遣関連のビジネスや従業員の定着支援等を行うその他領域で事業を展開している。メディアサービス事業においては、株式会社インディバルを通じて、アルバイト・パートを中心とする求人メディアの運営等を行っている。リテールサービス事業では、株式会社チャンスクリエイターにてコンビニエンスストアを計3店舗運営している。
 
 8月14日に発表した今2017年9月期第3四半期業績実績は、売上高52億0400万円、営業利益2億6400万円、経常利益24400万円、純利益1億2500万円に着地。特に人材サービス事業においては、主力のアルバイト・パートのアウトソーシング領域が大きく伸張したほか、メディアサービス事業においても、新規サービスへの注力等が奏功し、業績は堅調に推移している。
 
 今17年9月期業績予想は、売上高63億8800万円(前期比25.6%増)、営業利益2億9200万円(同27.0%増)、経常利益2億6900万円(同20.1%増)、純利益1億2000万円(同12.3%増)を見込む。

 株価は、7月4日高値6400円から同13日安値4790円まで調整を挟んで同26日に上場来高値6920円と上昇。8月22日安値4800円と往って来いとなった後、モミ合っている。過重労働対策としてのアウトソーシングニーズの増加を背景とした、コンビニ業界や自動車業界等を中心とした既存顧客の売上が増加、新規取引顧客も増加しており、中長期的に成長が続くと予想する。第3四半期営業利益は年計画に対する進捗率が90.4%と順調に推移しており、業績予想の上振れも十分視野に入る。4800円どころの下値水準まで押す場面は買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)