労働傷病兵社会省は、2018年の一般労働者向け地域別最低賃金引き上げに関する政令草案を公表し、意見聴取を行っている。それによると、現行で第1~4種に分かれている地域を一部調整するという。
 
 地域について、◇東南部地方ドンナイ省ロンカイン町を第2種から第1種に、◇ドンナイ省トンニャット郡、メコンデルタ地方ロンアン省トゥートゥア郡、南中部沿岸地方クアンナム省タムキー市を第3種から第2種に、◇クアンナム省フーニン郡、東南部地方ビンフオック省ロックニン郡、同省フーリエン郡を第4種から第3種に格上げする。一方、西北部地方ホアビン省ルオンソン郡は第3種から第4種に格下げする予定。
 
 現行の第1種地域は、◇ハノイ市各区および一部の郡、◇紅河デルタ地方ハイフォン市各区および一部の郡、◇ホーチミン市各区および一部の郡、◇東南部地方ビンズオン省トゥーザウモット市と各町および一部の郡、◇同バリア・ブンタウ省ブンタウ市、◇同ドンナイ省ビエンホア市および一部の郡。第2~4種地域は、経済の発展度合いによりそれぞれ地域が指定されている。
 
 なお、2018年の最低賃金は現行に比べて平均+6.5%、金額にして18万~23万VND(約870~1110円)引き上げられる見込み。労働傷病兵社会省によると、2018年の最低賃金は地域によって最低限の生活に必要とされる金額の92~96%に相当するという。
 
 地域別の最低賃金案は以下の通り。
 
◇第1種:375万VND(約1万8000円) → 398万VND(約1万9200円) +6.1%増
◇第2種:332万VND(約1万6000円) → 353万VND(約1万7000円) +6.3%増
◇第3種:290万VND(約1万4000円) → 309万VND(約1万5000円) +6.6%増
◇第4種:258万VND(約1万2500円) → 276万VND(約1万3300円) +7.0%増
 
 国家賃金審議会は今後、同案を政府に提出する方針。同案が承認されれば、2018年1月1日より新たな最低賃金が適用される見通しだ。(情報提供:VERAC)(イメージ写真提供:123RF)