リファインバース <6531> (東マ)は、昨年7月28日に東京証券取引所マザーズに上場。「素材再生企業として新しい産業を創出し、社会の持続的発展に寄与することを目指す」という企業理念のもと、2003年に設立。同社は、タイルカーペットの水平リサイクル事業を運営している。大量に廃棄されるタイルカーペットから、独自開発の精密加工技術によって合成樹脂素材を再生し、タイルカーペットの原料として活用することに成功。世界的にも本格的な実施例のない「タイルカーペットtoタイルカーペット」という循環型のマテリアルリサイクルビジネスを実現している。
 
 再生樹脂製造販売事業では、ホテル・オフィス関連を中心としたリニューアル需要は底堅く、使用済みカートタイルの調達量も順調に推移。また、原状回復時のカーペットタイルの張り替え件数が増加しているほか、インテリア業界で環境対応製品の市場がさらに拡大しており、その基礎原料としての同社グループ製品に対する需要は順調に増加している。産業廃棄物処理事業では、カーペットタイルリサイクルに関連したオフィス系改修工事に伴う内装系廃棄物処理は堅調に推移。また、インバウンド需要に関連した商業施設やホテル等の大型改修工事等の受注も増加していることに加えて、マンション等のリフォーム・リノベーション案件において解体工事から収集運搬・中間処理までの一括受注体制の強化が業績に貢献している。
 
 前2017年6月期業績実績は、売上高22億9400万円(前の期比8.2%増)、営業利益2億8000万円(同5.0%増)、経常利益2億6400万円(同6.9%増)、純利益3億1500万円(同91.7%増)に着地。
 
 今18年6月期業績予想は、売上高が26億5000万円(前期比15.5%増)、営業利益3億6900万円(同31.9%増)、経常利益3億2400万円(同22.7%増)、純利益2億6600万円(同15.7%減)で、連続営業最高益更新を見込む。
 
 株価は、3月30日につけた分割後の高値3920円から8月14日に分割後の安値2355円と4割調整。その後、モミ合っている。今18年6月期は新規事業の製鋼副資材製造事業や事業エリアの拡大により成長を見込む。また、今後2020年の東京オリンピック開催に向け、大型オフィスビルの竣工により供給量が増加することで、不動産・建築市場への需要拡大が見込まれることから、産業廃棄物市場規模や企業のオフィス需要は今後も順調に推移すると予想しており、成長が続く見通し。目先日柄調整となっているが、2500円割れで下値を固めつつあり、中長期的な視点で押し目は注目されそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)