東京市場のドル/円は、国内勢のドル買い観測などで底堅く推移。
108.80円台で下げ渋ると109.20円台へと持ち直しました。
欧米市場の動きが注目されますが、まずはイベントを確認しておきましょう。

8/24(木)
17:30☆ 英4-6月期GDP・改定値
21:30☆ 米新規失業保険申請件数
23:00 米7月中古住宅販売件数
26:00 ビスコ・イタリア中銀総裁、講演
-----☆ 米カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)

8/25(金)
08:30 日本7月消費者物価指数
※☆は特に注目の材料

市場が強い関心を寄せるジャクソンホール経済シンポジウムがいよいよ始まります。
ただ、今夜は晩餐会のみで、本番は明日からです。
イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長やドラギ欧州中銀(ECB)総裁の講演も明日の予定となっています。
そうした中、今夜は様子見ムードが広がりやすそうです。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:108.500-109.700円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所  編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)