ヤマトホールディングス株式会社(東京都中央区)傘下の東南アジア地域統括会社であるヤマトアジア(Yamato Asia、シンガポール)と地場バーサウナム・トレーディング・ロジスティクス(Ba Sau Nam Trading Logistics=365 Express、ホーチミン市)がホーチミン市に設立した合弁会社「ヤマト365エクスプレス(Yamato 365 Express)」は、9月1日からベトナムでクール宅急便を開始する。

  同サービスは、ベトナム向けの輸入高級生鮮食材およびベトナム国内で生産された海産物、農産物などを小売店やレストランなどの店舗に冷蔵・冷凍配送するもの。サービス規格は冷蔵帯(0~10度)と冷凍帯(-15度以下)で、利用対象者は契約荷主のみ。

  今後、2018年1月を目途に南中部沿岸地方ダナン市や同カインホア省ニャチャン市、南中部高原地方ラムドン省ダラット市などの農水産品の生産地からホーチミン市内への配送体制を構築し、2019年にはハノイ市内への配送エリア拡大を目指す。

  ベトナム国内での配送ノウハウと貿易物流機能などを持つ365グループと、日本でのクール宅急便のノウハウを有するヤマトグループがベトナム国内でクール宅急便のサービスを提供することにより、ベトナムにおける保冷宅配市場の拡大とベトナム国民の豊かな食文化の実現に貢献していく。(情報提供:VERAC)