昨日のドル/円はじり高で推移し、NYタイムには米国株高を背景に109.60円台まで上昇した。今朝方も109.70円台へ続伸するなど堅調に推移しており、(108円台の)底割れはひとまず回避した格好だ。

 目先的には20日移動平均線(執筆時110.056円)を視野に入れた動きとなりそうだ。ただ、北朝鮮リスクや米政権の混乱などで市場センチメントの急回復は難しく、上値追いの展開にはなりにくいだろう。イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演(ジャクソンホール・シンポジウム)を控えている事もドルの上値を抑える要因となりそうだ。

 本日の予想レンジ:109.000-110.200円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)