澤田ホールディングス <8699> (JQS)は、前日22日に1円高の994円と続伸して引け、今年3月16日につけた年初来高値1064円を再び視界に捉えた。日経平均株価が、北朝鮮を巡る地政学リスクや米トランプ政権の混乱を懸念して今年初めて5営業日続落し、3カ月半ぶりの安値まで売られた悪相場環境下、同社が、今年7月27日に発表した今2018年3月期第1四半期(2017年4月~6月期、1Q)のV字回復業績を見直して割り負け訂正買いが増勢となった。2015年12月に子会社化したiXITが、ハウステンボスのVR(仮想現実)を用いた体感型アトラクションなどの新規事業を積極的に展開していることも、側面支援材料視され逆行高期待を高めている。
 
■ハーン銀行の営業利益が5倍超と伸びエイチ・エス証券も増収増益
 
 同社の今期1Q業績は、営業収益が123億8200万円(前年同期比1.1%減)、営業利益が15億6000万円(同3.75倍)、経常利益が15億4000万円(同3.50倍)、純利益が10億3500万円(同17.4%減)と増減マチマチで着地した。営業収益は、債権管理回収関連事業で前年同期にあった大型案件の反動などで小幅続落となったが、営業利益は、銀行関連事業の営業利益が、モンゴル最大のリテール銀行のハーン銀行の資金運用収益が増加して為替ヘッジを目的にしたスワップ取引の評価損益が大幅に改善して前年同期比5.78倍の11億9700万円と伸び、証券関連事業でもエイチ・エス証券のトレーディング損益の増加も寄与して増収増益となったことなどが要因となった。純利益は、前年同期に計上した関係会社株式売却益12億800万円が一巡して連続減益となった。なお同社は、主力事業の証券業が、市場環境の影響を大きく受けることから今3月期第2四半期・通期業績の業績予想を開示していない。
 
 一方、IT関連の子会社iXITは、ハウステンボスの体感型VRアトラクションなどの新規事業の開始や新規顧客の開拓のほか、固定費削減効果も加わり、今期1Q業績は大幅に改善しており、今後も、今年3月3日に澤田HDが初導入を発表した株主優待制度の株主優待ポイントシステムの事業化などを積極推進する。
 
■25日線水準の三角保ち合いが煮詰まりPBR0.8倍の修正で昨年2月高値を目指す
 
 株価は、株主優待制度の初導入を歓迎して年初来高値1064円をつけ、日経平均株価の2万円台割れとともに928円安値まで調整し、今期1Qの好決算で25日移動平均線水準の1000円大台を回復、三角保ち合いを続けてきた。業績予想非開示でPER評価はできないが、三角保ち合いは煮詰まり感を強め、PBRは0.82倍と割り負けており、年初来高値抜けから上値目標として昨年2月高値1229円が浮上しよう。
(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)